京橋のバイオインフォマティシャンの日常

まずは、データ分析、コマンドラインのメモとして

まさに、Chromeでのタブ管理・収納の女神「OneTab」を使ってみた件

f:id:skume:20210713233242p:plain:w500

OneTab は、ブラウザで開いている沢山のタブをワンクリックでリスト化、 またはリストを復元・共有できてしまう神的ツールである。

日頃から、沢山のタブを開いたままにして、ブラウザが重くて仕方ないという状況には効果テキメンである。

OneTab自体はGoogle Chromeのプラグインなので、 その利用にはまずGoogle Chromeをインストールしないといけない。

これだけで、Chromeユーザー確定である。

Google Chrome

www.google.com

OneTab

chrome.google.com

こういうキラーアプリを探していた!!重複ファイルを検索・削除するツール dupeguru を使ってみた件

今回は、コンピュータ上の重複ファイルを検索するツール「dupeguru」の紹介記事である。

f:id:skume:20210712194159p:plain:w450

ファイル名またはコンテンツのいずれかをスキャンして、 重複したファイルを見つけて削除することができる。

コンテンツのスキャンでは、kbオーダーでのサイズ差分を検出してファイルを見つける。 また、ファイル名のスキャンでは、fuzzy matching algorithmで、 完全一致以外の場合でも、重複したファイル名を見つけることができる。

それでは、インストールから。

dupeguruのインストール・実行

ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行する。

#MacOSXの場合
brew install --cask dupeguru

#アプリ実行
open /Applications/dupeGuru.app
#OR
#アプリケーションフォルダからアプリを開く

dupeguruの使い方

f:id:skume:20210712194221p:plain:w500

こういう画像ファイル重複*1を例題に、dupeguruを実行してみる。

f:id:skume:20210712194238p:plain:w450

まずは、dupeguruの起動画面を示す。

左下の+からフォルダパスを選択して、Scanをおす。

f:id:skume:20210712194829p:plain:w500

こんな感じで、重複ファイルが見つけられる。

f:id:skume:20210712194847p:plain:w400

削除するファイルを選択する。 また、ダブルクリックでファイル内容が表示される。

f:id:skume:20210712194336p:plain:w400

リファレンスのファイルを変えたい場合には、 ファイルを指定して、Make Selected into Referenceを実行する。

f:id:skume:20210712194352p:plain:w400

削除時は、チェックボックスを指定して、 Send Marked to Trash...を実行する。

f:id:skume:20210712194407p:plain:w400

そして、Proceedを実行する。

これで、重複ファイル削除が完了である。

参考資料

dupeguru.voltaicideas.net

formulae.brew.sh

*1:すべて同じ画像ファイルだが、ファイル名が違う。 ファイルが複数のディレクトリに跨がる。

洒落乙 htop でタスクマネージをやってみた件

今回は、ターミナル・タスクマネージャーであるhtopの紹介記事である。

htopのインストール

MacOSXとCentOSでのCUIインストール方法は、 ターミナルを起動して、以下のコマンドを打つだけである。

#MacOSXの場合
brew install htop

#CentOSの場合
yum install htop
#OR
sudo yum install htop

#パスの確認
which htop

htopの実行

ターミナル上で、htopコマンドで実行する。

#実行コマンド
htop

#終了時には q

f:id:skume:20210704023522p:plain:w500

まず上段部で、CPUごとの占有率とRAM(メモリ)の使用率が一眼でわかる。

また下段部のタスク表示では、並び替えとか、停止とか、終了とかがUI上でできてしまう。

なかなか優れもののタスクマネージャーである。