京橋のバイオインフォマティシャンの日常

データ分析、コマンドライン、プログラミングについての技術資料・自己アップデート・悩み事などをまとめています。最近、ディープラーニング関連のR言語の資料をまとめるべく注力してます。

R言語/rstudio 初心者におすすめ入門本・参考書: 厳選 5 選!【2022年1月版】

f:id:skume:20220115231255p:plain

はじめに

f:id:skume:20220108183402p:plain:w400
R言語の公式ホームページ(https://www.r-project.org/)

R言語は、統計解析やグラフィクス(データの可視化)に適した命令システムを持つ、インタープリタ型のプログラム言語です。

インタープリタ型は、Python言語やPerl言語などとも同じ方式で、 命令文を一つずつコンパイルして、コンピュータに都度解釈させながら実行する方式です。

R言語は、過去に日本国内の「年収が高いプログラミング言語」ランキングでも、何度か1位になっていて、世界中ではユーザーが多く、データ解析界隈で評価が高い、プログラミング言語でもあります。

R言語は、統計解析、医療統計や可視化だけと思われがちですが、近年は、金融工学や機械学習、データマイニング、テキスト解析、ソーシャルネットワーク、ビッグデータの解析などの幅広い分野で活用されています。これらR言語が深く関係する分野では、ビジネスの多くの分野に浸透しつつあり、今後もR言語の需要が高まると考えられています。

この記事では、R言語についての知識を深めて、今後のデータ処理や解析の実務に役立てていきたい、入門者・初学者向けに、「R言語のおすすめ入門本」を紹介します。

R言語の入門書を探している人はぜひ参考にしてください。

R言語のおすすめ入門本 5 選!

改訂2版 RユーザのためのRStudio[実践]入門〜tidyverseによるモダンな分析フローの世界


改訂2版 RユーザのためのRStudio[実践]入門〜tidyverseによるモダンな分析フローの世界は、R言語のIDE(統合開発環境)であるRStudioと、モダンなデータ分析を実現するtidyverseパッケージに関わる入門書となっている。

インストールなどの基本的な内容から、モダンなデータ分析を実現するtidyverseパッケージにフォーカスして、初級から中級者的なR言語の内容までを幅広くカバーしている良書と言われています。

R言語の基礎から、中級的なプログラミングを学びたい人、R / RStudioでモダンな分析環境を手にしたい、分析フローを意識した業務/解析をしたい方におすすめの本です。

R言語ではじめるプログラミングとデータ分析


R言語ではじめるプログラミングとデータ分析は、 R言語の初歩と、データ分析の基本に加えて、「データ分析の生産性を上げてくれる便利なパッケージ群」について解説しています。

初心者向けのR言語の入門書を探している人におすすめの本です。

Rでらくらくデータ分析入門 ~効率的なデータ加工のための基礎知識


R言語ではじめるプログラミングとデータ分析は、 ビジネスパーソンに向けて、脱Excel、プログラミングの入口につながるRでのデータ分析入門書として位置付けられています。

この本は、オンラインコースのUdemyでベストセラーとなった人気コース「医師が教えるR言語での医療データ分析入門」をベースとなっています。「Excelより効率的にデータを加工して周りと差をつけたい」、「プログラミングに興味あるし実務にも生かしてみたい」、そんな人に最適な導入となるはずです。

プログラミング未経験者で、R言語で初めてプログラミングを行うという人におすすめの本です。

Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門


「Rをはじめよう生命科学のためのRStudio入門」は、 「R? 聞いたことならあるけど」という初学者、学生に、「Rならいつも使っているよ」という方向にもっていくためにまとめられている本です。

データの準備の仕方とRへの読み込み方、データ読み込み後の使い方、データの可視化、基礎的な統計検定などについて詳しく解説されています。

初学者にとっては避けて通れない知識について、丁寧にまとめてられているので、Rを初めて扱うための、最低限の常識や知識が必要な人におすすめの本です。

超入門! すべての医療従事者のためのRstudioではじめる医療統計


超入門! すべての医療従事者のためのRstudioではじめる医療統計は、 統計学の入門書ではなく、統計ソフトRの操作を習得するためのマニュアルとして書かれた一冊です。

Rの使い方を操作マニュアルとして、詳しく解説されています。 分析の前処理の仕方など、操作の上でのマニュアルがきちんと書いてあるので、 統計学の入門書とあわせて読めばストレスなく分析に入ることができるでしょう。

これから医療統計をはじめようとしている、R言語の初心者向けにRの操作スキルを身につけたい人におすすめの本です。

まとめ

今回は、「R言語のおすすめ入門本」について解説しました。

将来のRプログラム使いを目指す人は、まず今回ご紹介した本から読みすすめることで、 いつか立派なRマスターになられて、どこかのR界隈で、お会いできることを楽しみにしています。