京橋のバイオインフォマティシャンの日常

データ分析、コマンドライン、プログラミングについての技術資料・自己アップデート・悩み事などをまとめています。最近、ディープラーニング関連のR言語の資料をまとめるべく注力してます。

Wikipedia

R言語/Webスクレイピングで、Wikipediaページのテーブル情報からNASDAQ-100の銘柄リストを取得して、2021年中の株価推移を見てみた件

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめに R言語を利用して、 Wikipediaページから銘柄コード情報を「Webスクレイピング」で取得して、 さらに各銘柄の株価情報を「quantmod パッケージ」を使って収集する。 今回の記事では、2021年年初…

【R言語での画像処理シリーズ(その2)】主成分分析(PCA)を用いて、画像特徴の次元圧縮をやってみた件

今回は、Karhunen-Loève変換(KL変換)という手法を使って、 ヒマワリ画像の圧縮を行ってみた*1。 この手法のデフォルトでは、 主成分分析(PCA; Principal Component Analysis)をクロップ画像に適用することで、一度、画像を主成分ベクトルに変換する。 その後…

【R言語での画像処理シリーズ(その1)】R/EBImageとかを使った画像処理(読み込み、表示、リサイズetc)をやってみた件

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); はじめに 今回は、EBImageとimagerを使った、 R環境での画像処理をいろいろと紹介する。 具体的に、画像ファイルの読み込み・表示、 ヒストグラム表示、グレー画像変換、リサイズ(縮小)とかのプログラム…

R言語/Webスクレイピングで、Wikipediaページからテーブル情報を取得する 〜日経225、米国ダウ平均株価、S&P500、NASDAQ-100とかの銘柄リストを取得して、株価も見てみた件〜

ずっと纏めたかったけど、後々になっていた件。 R言語を用いた、Webからの銘柄コード取得と株価情報の取得について解説する。 主な内容としては、「Webスクレイピング」によるWikipediaページからの銘柄コード情報の取得、 それとRで株情報を扱う「quantmod …