京橋のバイオインフォマティシャンの日常

まずは、データ分析、コマンドラインのメモとして

Dockerインストール後に、docker-compose のバージョンを「1.27.4」から「1.28.4」にアップグレードさせるTips

Dockerインストール後に、docker-compose のバージョンが合わないということがある。

今回、「1.27.4」から「1.28.4」にアップグレードさせる実行例を取り上げる。

#Docker のインストール
$ brew install --cask docker

#Docker.appの起動
$ open /Applications/Docker.app

#実行許可を聞かれる >> OK
#Docker Desktop needs privileged access. >> OK

#Dockerのパス確認
$ which docker
/usr/local/bin/docker

#Dockerのバージョン
$ docker -v
Docker version 20.10.2, build 2291f61

#docker-composeのパス確認
$ which docker-compose
/usr/local/bin/docker-compose

#docker-composeのバージョン
$ docker-compose -version
docker-compose version 1.27.4, build 40524192

docker-compose のバージョンが違うと、dockerfileがうまく立ち上がらない問題がある*1

そういうときには、docker-compose のバージョンを合わせる必要がある。

docker-compose 1.28.4 をGitHubリポジトリからダウンロードして、権限設定、パス設定を行う。

ここに、docker-compose のリリース・ページがある。

github.com

#現在のdocker-composeのバージョン
$ docker-compose -version
docker-compose version 1.27.4, build 40524192

#docker-compose 1.28.4のダウンロード
$ wget https://github.com/docker/compose/releases/download/1.28.4/docker-compose-Darwin-x86_64

#名前の変更
$ mv docker-compose-Darwin-x86_64 docker-compose

#実行権限の付与
$ chmod +x ./docker-compose 

#ファイルの移動(上書き)
$ mv -f ./docker-compose /usr/local/bin/

$ which docker-compose 
/usr/local/bin/docker-compose

$ docker-compose -version
docker-compose version 1.28.4, build cabd5cfb

まとめ

Dockerは便利なんだけど、docker-compose のバージョン問題はハマると厄介な問題である。

パッケージソフトウェアの更新と合わないとか、 歩調を合わせて欲しいところである。。

*1:そもそも、brew で管理されているdockerのバージョンのアップデートがやや遅いというのがある。