京橋のバイオインフォマティシャンの日常

データ分析、コマンドライン、プログラミングについての技術資料・自己アップデート・悩み事などをまとめています。最近、ディープラーニング関連のR言語の資料をまとめるべく注力してます。

Rstudio-Server on CentOS7 のインストール方法 + nginxのリダイレクト設定 について

CentOS7版Rstudio-Serverのインストール方法 + nginx設定についてまとめてみた。

Mac版やDocker版のRstudio-Serverのインストール方法については、以下の記事を参考のこと。

skume.net

skume.net

RStudio Server for Red Hat/CentOS のダウンロード・インストール

RStudio Server を動かすには、RedHat か CentOS 6以上のバージョンが必要である。

また以下の記事を参考にして、CetOS版Rをインストールしておくこと。

skume.net

まず、ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行する。

wget https://download2.rstudio.org/server/centos7/x86_64/rstudio-server-rhel-1.4.1106-x86_64.rpm

sudo yum install rstudio-server-rhel-1.4.1106-x86_64.rpm

#パス確認
which rstudio-server
#/usr/sbin/rstudio-server

rstudio-serverのパスが通っていれば、OKである。

また、rstudio-serverのステータスを確認しておく。

#ステータス確認
rstudio-server status
#● rstudio-server.service - RStudio Server
 #  Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/rstudio-server.service; enabled; vendor preset: disabled)
#   Active: active (running) since 火 2021-04-13 13:56:56 JST; 39s ago
#(中略)
#OR
# systemctl status rstudio-server.service

このあたりで、rpmファイルはもう不要なので、削除しておく。

#削除
rm -rf rstudio-server-rhel-1.4.1106-x86_64.rpm

ここで、一度、ウェブブラウザでrstudio-serverに接続してみる。

http://[Your IPアドレス]:8787にアクセスする。

コマンドで開く場合には、

open http://[Your IPアドレス]:8787

rserver.confファイルの設定

次に、rserver.confをvimで編集する。

sudo vim /etc/rstudio/rserver.conf

編集モード(i)にして、以下をコピー&ペーストして、vimを保存(:wq)する。

# Server Configuration File
www-address=127.0.0.1

ちゃんと保存されたかを確認しておく。

#確認
cat /etc/rstudio/rserver.conf

rsession.confファイルの設定

次に、rsession.confをvimで編集する。

sudo vim /etc/rstudio/rsession.conf

同じく、以下をコピー&ペーストして、vimを保存(:wq)する。

# R Session Configuration File
r-cran-repos=https://cran.csiro.au/
session-timeout-minutes=0

ここで、r-cran-reposについては、任意のリポジトリでOK。

こちらも、ちゃんと保存されたかを確認しておく。

#確認
cat /etc/rstudio/rsession.conf

rserver.confとrsession.confが設定できたら、 ひとまず設定を反映させる。

#設定の反映
sudo rstudio-server restart

以下、よく使うrstudio-serverのコマンドを記載しておく。

#スタート
$ sudo rstudio-server start

#ステータス確認
$ sudo rstudio-server status

#リスタート
$ sudo rstudio-server restart

#ストップ
$ sudo rstudio-server stop

CentOS版 nginx の設定

まずは、nginxをインストールして、有効化しておく。

sudo yum install nginx

#バージョン確認
nginx -v
#nginx version: nginx/1.16.1

#有効化
sudo systemctl enable nginx

次に、/etc/nginx/内の設定ファイル(nginx.confとか)を編集する。

#nginxフォルダの確認
ls /etc/nginx

#nginx.confの中身を表示
cat /etc/nginx/nginx.conf

以下のように出力される。

# For more information on configuration, see:
#   * Official English Documentation: http://nginx.org/en/docs/
#   * Official Russian Documentation: http://nginx.org/ru/docs/

user nginx;
worker_processes auto;
error_log /var/log/nginx/error.log;
pid /run/nginx.pid;

# Load dynamic modules. See /usr/share/doc/nginx/README.dynamic.
include /usr/share/nginx/modules/*.conf;

events {
    worker_connections 1024;
}

http {
    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile            on;
    tcp_nopush          on;
    tcp_nodelay         on;
    keepalive_timeout   65;
    types_hash_max_size 2048;

    include             /etc/nginx/mime.types;
    default_type        application/octet-stream;

    # Load modular configuration files from the /etc/nginx/conf.d directory.
    # See http://nginx.org/en/docs/ngx_core_module.html#include
    # for more information.
    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;

    server {
        listen       80 default_server;
        listen       [::]:80 default_server;
        server_name  _;
        root         /usr/share/nginx/html;

        # Load configuration files for the default server block.
        include /etc/nginx/default.d/*.conf;

        location / {
        }

        error_page 404 /404.html;
            location = /40x.html {
        }

        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
            location = /50x.html {
        }
    }

# Settings for a TLS enabled server.
#
#    server {
#        listen       443 ssl http2 default_server;
#        listen       [::]:443 ssl http2 default_server;
#        server_name  _;
#        root         /usr/share/nginx/html;
#
#        ssl_certificate "/etc/pki/nginx/server.crt";
#        ssl_certificate_key "/etc/pki/nginx/private/server.key";
#        ssl_session_cache shared:SSL:1m;
#        ssl_session_timeout  10m;
#        ssl_ciphers HIGH:!aNULL:!MD5;
#        ssl_prefer_server_ciphers on;
#
#        # Load configuration files for the default server block.
#        include /etc/nginx/default.d/*.conf;
#
#        location / {
#        }
#
#        error_page 404 /404.html;
#            location = /40x.html {
#        }
#
#        error_page 500 502 503 504 /50x.html;
#            location = /50x.html {
#        }
#    }

}

nginx.confの再作成・編集

上記を編集しても良いが、再作成するのが手っ取り早いので、その方法を紹介する。

いったんnginx.confを削除して、vimで再作成・編集する。

#削除
sudo rm -rf /etc/nginx/nginx.conf

#再作成・編集
sudo vim /etc/nginx/nginx.conf

そこで、編集モード(i)に変更して、以下をそのままコピー&ペーストする。

user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    server_tokens off;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    keepalive_timeout  65;

    #gzip  on;

    include /etc/nginx/conf.d/default.conf;
}

編集が終われば、vimを保存(:wq)する。

default.confの作成・編集

次に、/etc/nginx/conf.d/default.confファイルを作成・編集する。

sudo vim /etc/nginx/conf.d/default.conf

そして、vimで編集モード(i)に変更して、以下をそのままコピー&ペーストする。

server {
    listen 80;
    server_name localhost;
   
location / {
root  /usr/share/nginx/html;
index index.html index.htm;
}
 
    location /rstudio/ {
      rewrite ^/rstudio/(.*)$ /$1 break;
      proxy_pass http://localhost:8787;
      proxy_redirect http://localhost:8787/ $scheme://$http_host/rstudio/;

    }
  }

編集が終われば、vimを保存(:wq)する。

nginxの再起動

ここまで出来たら、nginxを再起動する。

#nginxの再起動
sudo nginx -s reload

#OR
#停止
# nginx -s stop
#起動
# sudo service nginx start

これで、nginxの設定は終了。

リダイレクトの確認

ウェブブラウザで、以下のアドレスにアクセスできたら、完了。

http://[Your IPアドレス | Your SSID]/rstudio

#OR
#コマンドで開く場合には、
open http://[Your IPアドレス | Your SSID]/rstudio

参照資料

www.rstudio.com