京橋のバイオインフォマティシャンの日常

データ分析、コマンドライン、プログラミングについての技術資料・自己アップデート・悩み事などをまとめています。最近、ディープラーニング関連のR言語の資料をまとめるべく注力してます。

【LINUX/Macの基本コマンド③】lsコマンドの使い方メモ

lsコマンド(list segments)は、ディレクトリにあるファイルやフォルダを表示するUNIXコマンドである。 今回は、代表的なオプションの使い方をまとめてみた。

あと、MacOSXでは動作確認をしているが、 LINUXはちょっとオプションが違う場合があるかも。

ls コマンドの基本

以下が、基本的な使い方である。

#カレントディレクトリ内で実行
ls

#例えば、カレントディレクトリのtestフォルダ内を表示
ls ./test

オプション付き ls コマンドの実行例

・隠し(ドット)ファイルも表示

ls -a

・隠し(ドット)ファイルも表示(ただし、「.」「..」を除く)

ls -A

・「再帰的(recursive)」に表示

ls -R

・カンマで区切って表示

ls -m

・ファイル情報の詳細表示(-l: デフォルト表示)

ls -l

・「ctime」(ファイルを変更した時刻)での詳細表示

ls -cl

・最終アクセス日時(-u)での詳細表示

ls -ul

・人が読みやすい形式での詳細表示

#デフォ
ls -l -h

#最終アクセス日時
ls -ul -h

#フォルダ色付き表示
ls -ul -h -G

・ディレクトリの場合のみ「/」を付けて表示

ls -pl

・複数の列で出力

ls -C

・更新日が新しい順に表示

ls -tl

・ファイルサイズの大きい順

ls -Sl

・拡張子のアルファベット順にソート

ls -xl

・ディレクトリそのものの情報を表示

ls -dl

・表示を縦に並べる

ls -1

・色付き表示(MacOSXでは不可、CentOSでは動作)

ls --color -l -h

参考資料

www.atmarkit.co.jp

www.atmarkit.co.jp

qiita.com

eng-entrance.com