京橋のバイオインフォマティシャンの日常

データ分析、コマンドライン、プログラミングについての技術資料・自己アップデート・悩み事などをまとめています。最近、ディープラーニング関連のR言語の資料をまとめるべく注力してます。

Wikipedia 英語記事「Coronavirus / コロナウイルス」の日本語訳 その2

この記事は、2021年12月15日現在のWikipedia 英語記事「Coronavirus」の一部を日本語翻訳したものである。

en.wikipedia.org

この情報は、Wikipediaの英語ページのみにあり、まだ日本語ページは存在していません。結構しっかりした内容で発信するのに有用だと思いましたので、このwikipedia記事の日本語訳を作成することにしました。

History / ヒストリー

f:id:skume:20211216214918j:plain
器官培養したコロナウイルスOC43の透過型電子顕微鏡写真

動物におけるコロナウイルス感染の最初の報告は、1920年代後半、北米において、家畜の鳥類で起こった急性呼吸器感染症であった*1。 1931年、Arthur Schalk と M.C. Hawn は、ノースダコタ州におけるニワトリの新しい呼吸器感染症について、初めて詳細な報告を行った。 生まれたばかりのヒナの感染は、あえぎ声と無気力によって特徴づけられ、40-90%の高い死亡率であった*2。 Leland David BushnellとCarl Alfred Brandlyは、1933年にこの感染症の原因となるウイルスを分離した*3。 当時、このウイルスは、伝染性気管支炎ウイルス(IBV)と呼ばれていた。 Charles D. Hudson と Fred Robert Beaudetteは、1937年に初めてこのウイルスの培養に成功した*4。 この標本は、ボーデット株と呼ばれるようになった。 1940年代後半には、さらに、2種類の動物コロナウイルス、脳疾患(マウス脳炎)を引き起こすJHMと、マウスに肝炎を引き起こすマウス肝炎ウイルス(MHV)が発見された*5。 当時は、この3つの異なるウイルスが関連しているとはまだ分かっていなかった*6 *7

ヒトコロナウイルスは、1960年代にイギリスとアメリカで2つの異なる手法で発見された*8 *9。 英国医学研究評議会のCommon Cold Unitで働く、E.C. Kendall、Malcolm Bynoe、David Tyrrellは、1961年にB814と名付けられた独特な風邪のウイルスを収集した*10 *11 *12。 このウイルスは、ライノウイルスやアデノウイルスなど既知の風邪ウイルスの培養に成功していた標準的な技術では培養することができなかった。 1965年、TyrrellとBynoeは、ヒト胚気管の器官培養にウイルスを連続的に通過させることによって、この新しいウイルスの培養に成功した*13。 この新しい培養方法は、Bertil Hoornによって研究室に導入された*14。 単離されたウイルスをボランティアに鼻腔内接種すると風邪を引き起こした。また、エーテルで不活性化されたことで、脂質エンベロープを持っていることが示された*15 *16。 シカゴ大学のDorothy Hamre*17とJohn Procknowは、1962年に医学生から新しい風邪を分離しました。彼らは、腎臓の組織培養でウイルスを分離・増殖させ、229Eと命名した。 この新型ウイルスはボランティアに風邪を引き起こし、B814と同様にエーテルで不活性化された*18

ロンドンのセント・トーマス病院に勤務する、スコットランド人・ウイルス学者June Almeidaは、Tyrrellと共同で、1967年にIBV、B814、229Eの構造を比較した*19 *20。 電子顕微鏡を使用して、3つのウイルスはその一般的な形状と特徴的な棍棒のようなトゲによって形態学的に関連していることが示された*21。 同年、国立衛生研究所の研究グループは、臓器培養を用いて、この新しいウイルス群の別のメンバーを分離することができ、そのうちの1つを(臓器培養のOCに因んで)OC43と命名した*22。 新型風邪ウイルスOC43は、B814、229E、IBVと同様に、電子顕微鏡で観察すると、クラブ/棍棒のような特徴的なトゲがあった*23 *24

IBVに似た、新型風邪のウイルスは、すぐにマウス肝炎ウイルスとも形態的に関連していることが示された*25。 この新しいウイルス群は、その特徴的な形態的外観から、コロナウイルス(王冠ウイルス、coronaviruses)と名付けられた*26。 ヒトコロナウイルス229EとヒトコロナウイルスOC43は、その後、数十年にわたり研究が続けられた*27 *28。 その間、コロナウイルスB814株は消失した。現存のどのヒトコロナウイルスであるかは不明である*29。 また、1960年代以降、多数の動物コロナウイルスが同定されてきた*30

その3に続く

skume.net

*1:Estola T (1970). "Coronaviruses, a New Group of Animal RNA Viruses". Avian Diseases. 14 (2): 330–336. doi:10.2307/1588476. ISSN 0005-2086. JSTOR 1588476. PMID 4316767.

*2:Fabricant J (1998). "The Early History of Infectious Bronchitis". Avian Diseases. 42 (4): 648–650. doi:10.2307/1592697. ISSN 0005-2086. JSTOR 1592697. PMID 9876830.

*3:Bushnell LD, Brandly CA (1933). "Laryngotracheitis in chicks". Poultry Science. 12 (1): 55–60. doi:10.3382/ps.0120055

*4:Decaro N (2011). "Gammacoronavirus". In Tidona C, Darai G (eds.). Gammacoronavirus‡: Coronaviridae. The Springer Index of Viruses. Springer. pp. 403–413. doi:10.1007/978-0-387-95919-1_58. ISBN 978-0-387-95919-1. PMC 7176155.

*5:McIntosh K (1974). "Coronaviruses: A Comparative Review". In Arber W, Haas R, Henle W, Hofschneider PH, Jerne NK, Koldovský P, Koprowski H, Maaløe O, Rott R (eds.). Current Topics in Microbiology and Immunology / Ergebnisse der Mikrobiologie und Immunitätsforschung. Current Topics in Microbiology and Immunology / Ergebnisse der Mikrobiologie und Immunitätsforschung. Berlin, Heidelberg: Springer. p. 87. doi:10.1007/978-3-642-65775-7_3. ISBN 978-3-642-65775-7.

*6:"Il était une fois les coronavirus". Réalités Biomédicales (in French). 2020-03-27. Retrieved 2020-04-18.

*7:Lalchhandama K (2020). "The chronicles of coronaviruses: the bronchitis, the hepatitis and the common cold". Science Vision. 20 (1): 43–53. doi:10.33493/scivis.20.01.04.

*8:Kahn JS, McIntosh K (November 2005). "History and recent advances in coronavirus discovery". The Pediatric Infectious Disease Journal. 24 (11 Suppl): S223–7, discussion S226. doi:10.1097/01.inf.0000188166.17324.60. PMID 16378050.

*9:Mahase E (April 2020). "The BMJ in 1965". BMJ. 369: m1547. doi:10.1136/bmj.m1547. PMID 32299810.

*10:Kendall EJ, Bynoe ML, Tyrrell DA (July 1962). "Virus isolations from common colds occurring in a residential school". British Medical Journal. 2 (5297): 82–6. doi:10.1136/bmj.2.5297.82. PMC 1925312. PMID 14455113.

*11:Richmond C (2005-06-18). "David Tyrrell". BMJ : British Medical Journal. 330 (7505): 1451. doi:10.1136/bmj.330.7505.1451. PMC 558394

*12:"Obituary Notices: Malcom Byone". British Medical Journal. 2 (5660): 827–829. 1969-06-28. doi:10.1136/bmj.2.5660.827. S2CID 220187042.

*13:Tyrrell DA, Bynoe ML (June 1965). "Cultivation of a Novel Type of Common-Cold Virus in Organ Cultures". British Medical Journal. 1 (5448): 1467–70. doi:10.1136/bmj.1.5448.1467. PMC 2166670. PMID 14288084.

*14:Tyrrell DA, Fielder M (2002). Cold Wars: The Fight Against the Common Cold. Oxford University Press. pp. 93–95. ISBN 978-0-19-263285-2.

*15:Kendall EJ, Bynoe ML, Tyrrell DA (July 1962). "Virus isolations from common colds occurring in a residential school". British Medical Journal. 2 (5297): 82–6. doi:10.1136/bmj.2.5297.82. PMC 1925312. PMID 14455113.

*16:Hagan WA, Bruner DW, Gillespie JH, Timoney JF, Scott FW, Barlough JE (1988). Hagan and Bruner's Microbiology and Infectious Diseases of Domestic Animals: With Reference to Etiology, Epizootiology, Pathogenesis, Immunity, Diagnosis, and Antimicrobial Susceptibility. Cornell University Press. p. 440. ISBN 978-0-8014-1896-9.

*17:Knapp, Alex. "The Secret History Of The First Coronavirus". Forbes. Retrieved 2020-05-06.

*18:Hamre D, Procknow JJ (January 1966). "A new virus isolated from the human respiratory tract". Proceedings of the Society for Experimental Biology and Medicine. 121 (1): 190–3. doi:10.3181/00379727-121-30734. PMID 4285768. S2CID 1314901.

*19:"The woman who discovered the first coronavirus".

*20:Almeida J (2008-06-26). "June Almeida (née Hart)". BMJ. 336 (7659): 1511.1–1511. doi:10.1136/bmj.a434. ISSN 0959-8138. PMC 2440895.

*21:Almeida JD, Tyrrell DA (April 1967). "The morphology of three previously uncharacterized human respiratory viruses that grow in organ culture". The Journal of General Virology. 1 (2): 175–8. doi:10.1099/0022-1317-1-2-175. PMID 4293939.

*22:McIntosh K, Becker WB, Chanock RM (December 1967). "Growth in suckling-mouse brain of "IBV-like" viruses from patients with upper respiratory tract disease". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 58 (6): 2268–73. Bibcode:1967PNAS...58.2268M. doi:10.1073/pnas.58.6.2268. PMC 223830. PMID 4298953.

*23:McIntosh K, Dees JH, Becker WB, Kapikian AZ, Chanock RM (April 1967). "Recovery in tracheal organ cultures of novel viruses from patients with respiratory disease". Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 57 (4): 933–40. Bibcode:1967PNAS...57..933M. doi:10.1073/pnas.57.4.933. PMC 224637. PMID 5231356.

*24:Times, Harold M. Schmeck Jr Special To the New York (1967-05-05). "Six Newly Discovered Viruses May Explain Cold; Strains Are Similar to Germ That Causes a Bronchial Infection in Chickens Believed to Be New Group". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 2020-04-25.

*25:McIntosh K (1974). "Coronaviruses: A Comparative Review". In Arber W, Haas R, Henle W, Hofschneider PH, Jerne NK, Koldovský P, Koprowski H, Maaløe O, Rott R (eds.). Current Topics in Microbiology and Immunology / Ergebnisse der Mikrobiologie und Immunitätsforschung. Current Topics in Microbiology and Immunology / Ergebnisse der Mikrobiologie und Immunitätsforschung. Berlin, Heidelberg: Springer. p. 87. doi:10.1007/978-3-642-65775-7_3. ISBN 978-3-642-65775-7.

*26:Almeida JD, Berry DM, Cunningham CH, Hamre D, Hofstad MS, Mallucci L, McIntosh K, Tyrrell DA (November 1968). "Virology: Coronaviruses". Nature. 220 (5168): 650. Bibcode:1968Natur.220..650.. doi:10.1038/220650b0. [T]here is also a characteristic "fringe" of projections 200 A long, which are rounded or petal shaped ... This appearance, recalling the solar corona, is shared by mouse hepatitis virus and several viruses recently recovered from man, namely strain B814, 229E and several others.

*27:Myint SH (1995). "Human Coronavirus Infections". In Siddell SG (ed.). The Coronaviridae. The Viruses. Springer US. pp. 389–401. doi:10.1007/978-1-4899-1531-3_18. ISBN 978-1-4899-1531-3.

*28:Geller C, Varbanov M, Duval RE (November 2012). "Human coronaviruses: insights into environmental resistance and its influence on the development of new antiseptic strategies". Viruses. 4 (11): 3044–68. doi:10.3390/v4113044. PMC 3509683. PMID 23202515.

*29:Corman VM, Jores J, Meyer B, Younan M, Liljander A, Said MY, et al. (August 2014). "Antibodies against MERS coronavirus in dromedary camels, Kenya, 1992-2013". Emerging Infectious Diseases. 20 (8): 1319–22. doi:10.1007/978-1-4899-7448-8_10. ISBN 978-1-4899-7447-1. PMC 7122465. PMID 25075637. The other OC strains and B814 that could not be adapted to mouse brain resisted adaptation to cell culture as well; these distinct viruses have since been lost and may actually have been rediscovered recently.)。 その後、2003年にSARS-CoV、2003年にHCoV NL63、2004年にHCoV HKU1、2013年にMERS-CoV、2019年にSARS-CoV-2と、他のヒトコロナウイルスが確認されている((Zhu N, Zhang D, Wang W, Li X, Yang B, Song J, et al. (February 2020). "A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019". The New England Journal of Medicine. 382 (8): 727–733. doi:10.1056/NEJMoa2001017. PMC 7092803. PMID 31978945.

*30:de Groot RJ, Baker SC, Baric R, Enjuanes L, Gorbalenya AE, Holmes KV, Perlman S, Poon L, Rottier PJ, Talbot PJ, Woo PC, Ziebuhr J (2011). "Family Coronaviridae". In King AM, Lefkowitz E, Adams MJ, Carstens EB, International Committee on Taxonomy of Viruses, International Union of Microbiological Societies. Virology Division (eds.). Ninth Report of the International Committee on Taxonomy of Viruses. Oxford: Elsevier. pp. 806–28. doi:10.1016/B978-0-12-384684-6.00068-9. ISBN 978-0-12-384684-6. S2CID 212719285.