京橋のバイオインフォマティシャンの日常

南国のビーチパラソルの下で、Rプログラムを打ってる日常を求めて、、

Wikipedia 英語記事「SARS-CoV-2 オミクロン変異体」の日本語訳 その3

この記事は、2021年12月7日現在のWikipedia 英語記事「SARS-CoV-2 Omicron variant」を日本語翻訳したものである。

過去の記事「Wikipedia 英語記事「SARS-CoV-2 オミクロン変異体」の日本語訳」もご参考のこと

skume.net

skume.net

情報はすぐに古くなりますので、その都度で、新しい情報を確認してください。

Prevention / 予防

他の変異体と同様に、WHOは、閉鎖された空間を十分に換気すること,群衆や密接な接触を避けること、よくフィットしたマスクを着用すること、頻繁に手を清潔にすること、ワクチンを接種することなどを引き続き推奨しました *1 *2

11月26日、バイオンテック社は、現行のワクチンが変異体に対して有効かどうかを2週間以内に知ることができるとし、必要であれば100日以内に更新ワクチンを出荷できると述べた。アストラゼネカ、モデナ、ジョンソン&ジョンソンも、自社のワクチンの有効性に対する変異体の影響を研究しいてる*3

同日、ノババックス社は、オミクロン変異体用の更新ワクチンを開発しており、2回の投与を必要とする数週間以内に試験・製造の準備が整う見込みであると述べた*4 *5

11月29日、シノヴァック社は、この変異体に対する不活化ワクチンを迅速に大量生産することが可能であり、新しいワクチンが必要かどうかを判断するために研究をモニターし、変異体のサンプルを収集していると述べた*6

ガマレヤ研究所は、スプートニク・ライトが変異体に対して有効であるはずだと述べ、Sputnik Vの適応を開始し、修正版は45日後には大量生産の準備ができると述べた*7

11月29日、WHOは、ワクチンを接種した人々の間で、少数かつ予測可能な割合ではあるが、症例や感染が予想されると述べた*8

WHOは各国に以下のことを要請した。

  • 循環するSARS-CoV-2の変異体をよりよく理解するために、サーベイランスとシークエンスの取り組みを強化する。

  • 完全なゲノム配列とそれに関連するメタデータを、GISAIDのような一般に利用可能なデータベースに提出する。

  • 注意すべきウイルス感染に関連する初期の症例/クラスターを、IHRメカニズムを通じてWHOに報告する。

  • 感染能力がある場合には、国際社会と連携して、COVID-19の疫学、重症度、公衆衛生・社会対策の有効性、診断方法、免疫反応、抗体中和、その他の関連特性に対する懸念ウイルスの潜在的な影響についての理解を深めるために、現地調査や実験室での評価を行う*9

Treatment / 治療

コルチコステロイドと IL6 受容体拮抗薬は、重度の COVID-19 患者の管理に有効であることが知られている。 他の治療法の有効性への影響については、現在評価中である*10 *11

11月29日、ファイザー社CEOのアルバート・ボーラ氏(Pfizer CEO Albert Bourla)は、ファイザー社がRNAウイルス抗ウイルス剤「パクスロイド(Paxlovid)」の開発のために、FDAに緊急使用認可申請書を提出し、オミクロン変異体の治療が可能であると確信していると述べた *12 [要医療引用】。

また、メルク社とリッジバック社は、オミクロン治療用の抗RNAウイルス薬モルヌピラビル(molnupiravir)を評価している*13

Epidemiology / 疫学

2021年11月26日、南アフリカ国立感染症研究所(NICD)は、30,904件のCOVID-test(1日で)で2,828件の新規COVID感染が検出されたと発表した*14。 その1週間後の2021年12月3日、NICDは65,990件のCOVIDテストで16,055件の新規感染が発見され(7日前の5.7倍、陽性率24.3%)、そのうち72%がハウテン州(Gauteng)で発見されたと発表した*15 *16。 南アフリカのこの州は、1km平方あたりの人口が約850人と人口密度の高い地域である。 ハウテン州の州都ヨハネスブルグはメガシティである(都市部に約550万人、都市圏に950万人)。

2021年11月の時点では、COVID-19ウイルスのデルタ変異体や他の亜種と比較して、 オミクロン変異体の伝達性はまだ不明であった*17。 このウイルスは再感染に強く依存しているようである*18 *19

オミクロンのゲノム比較から、オミクロン変異体が分岐したのは2021年9月下旬から10月上旬と推定されている*20。 シークエンスデータによると、南アフリカで最初に確認されたのと同じ2021年11月までに、オミクロンが南アフリカで優勢な変異体になっていたことが示唆されている*21 *22。系統樹は最近の出現を示唆している。 南アフリカのデータは、オミクロンがそこで顕著な成長の優位性を持っていることを示唆している。しかし、これは伝達性や免疫逃避に関連するもの、あるいはその両方によるものかもしれない*23

南アフリカのハウテン州の廃水サンプルにおけるCOVID-19のレベルの検出可能な変化は、 10月17日から23日(第42週)という早い時期に見られた*24。 国立感染症研究所の報告によると、南アフリカのオミクロン震源地ツワネ(Omicron epicentre Tshwane )では、 2歳以下の子供が病院の総入院患者数の10%を占めている*25

ある研究によると、オミクロンはその変異の1つである「ins214EPE」を、 ヒトゲノムにも存在する風邪のコロナウイルス株であるHCOV-229Eから受け継いでいることが示唆されている。 これは、ウイルスが人間の免疫システムを回避するのに役立っているようである*26 *27 *28

イギリスでは、2021年11月24日から30日までの週に、S遺伝子ターゲット陽性(SGTP)症例に対するオミクロン関連S遺伝子ターゲット偽陰性(SGTF)症例のロジスティック成長率は、1週間あたり141%と推定された。データの質は、衰退しつつあるB.1.617.1 デルタ変異体からのバックグラウンドのSGTF症例によって妨げられているため、この強い成長はまだ1週間しか見られず、それ以前はバックグラウンドの症例は必然的に比較的小さく安定していた*29

南アフリカのサンプルケースにおけるSGTFの状態に関するデータは、デルタ株と比較して1日あたり21%の同様の成長を示し、2.4倍の繁殖数の増加を生み出している(同一の典型的な世代間隔と推定される4.2日の場合)。 南アフリカでは11月10日頃にオミクロンが大多数の変異株となった*30 *31

2021年12月初旬現在、デンマーク*32 *33 とイギリス*34では、オミクロンを示すSGTFの割合が症例の1%に近づいている*35。 デンマークでは、オミクロン変異体の数が急速に増加し、公衆衛生機関SSIの所長が懸念を発表している*36。 デンマークではPCR検査のみでオミクロンを確実に検出できる*37 *38

統計 / Statistics

症例を検出する確率は、特に国の配列決定率によって大きく異なる。 例えば、南アフリカでは、大陸内の他のどの国よりもはるかに多くのサンプルを配列解析しているが、 ほとんどの欧米諸国よりもかなり低い割合となっている*39 *40

en.wikipedia.org

その4に続く

skume.net

*1:"Classification of Omicron (B.1.1.529): SARS-CoV-2 Variant of Concern". World Health Organization. 26 November 2021. Archived from the original on 26 November 2021. Retrieved 26 November 2021.

*2:Nebehay, Stephanie; Winning, Alexander (26 November 2021). "WHO names new COVID variant omicron, cautions against travel measures". Reuters. Archived from the original on 26 November 2021. Retrieved 26 November 2021.

*3:"BioNTech says it could tweak Covid vaccine in 100 days if needed". The Guardian. 26 November 2021. Archived from the original on 27 November 2021. Retrieved 27 November 2021.

*4:"Novavax developing vaccine that targets new COVID-19 variant". CBS Baltimore Staff. 30 November 2021. Archived from the original on 2 December 2021. Retrieved 4 December 2021.

*5:Maddipatla, Manojna; Roy, Mrinalika (26 November 2021). "Maryland-Based Vaccine Manufacturer Developing COVID-19 Vaccine That Targets Omicron Variant". Reuters. Archived from the original on 28 November 2021. Retrieved 30 November 2021.

*6:"Sinovac and world's Covid-19 vaccine makers 'ready' to produce Omicron jab". South China Morning Post. 29 November 2021. Retrieved 29 November 2021.

*7:"Sputnik V maker: Vaccine could be adapted to fight omicron". ABC News. Moscow. Associated Press. 29 November 2021. Retrieved 29 November 2021.

*8:"Omicron poses very high global risk, world must prepare -WHO". Reuters. Geneva. 29 November 2021. Retrieved 30 November 2021.

*9:"Classification of Omicron (B.1.1.529): SARS-CoV-2 Variant of Concern". www.who.int. Archived from the original on 26 November 2021. Retrieved 26 November 2021.

*10:"Update on Omicron". World Health Organization. 28 November 2021. Retrieved 30 November 2021.

*11:REMAP-CAP Investigators; et al. (22 April 2021). "Interleukin-6 Receptor Antagonists in Critically Ill Patients with Covid-19". New England Journal of Medicine. 384 (16): 1491–1502. doi:10.1056/NEJMoa2100433. ISSN 0028-4793. PMC 7953461. PMID 33631065.

*12:Kimball, Spencer (29 November 2021). "Pfizer CEO confident Covid treatment pill will be effective against omicron variant". CNBC.

*13:Raphael, Therese; Fazeli, Sam (1 December 2021). "Merck's Covid Drug Will Do for Now, Just in Time for Omicron". Bloomberg News. Retrieved 3 December 2021.

*14:Latest confirmed cases of COVID-19 in South Africa (26 November 2021) www.nicd.ac.za

*15:Latest confirmed cases of COVID-19 in South Africa (3 December 2021) www.nicd.ac.za

*16:see also GIS dashboard (statistical data) www.nicd.ac.za

*17:"Update on Omicron". World Health Organization. 28 November 2021.

*18:Pulliam, Juliet R. C.; Schalkwyk, Cari van; Govender, Nevashan; Gottberg, Anne von; Cohen, Cheryl; Groome, Michelle J.; Dushoff, Jonathan; Mlisana, Koleka; Moultrie, Harry (2 December 2021). "Increased risk of SARS-CoV-2 reinfection associated with emergence of the Omicron variant in South Africa": 2021.11.11.21266068. doi:10.1101/2021.11.11.21266068. S2CID 243983860. Retrieved 3 December 2021.

*19:"Omicron seems to carry higher Covid reinfection risk, says South Africa". the Guardian. 2 December 2021. Retrieved 3 December 2021.

*20:"'Patience is crucial': Why we won't know for weeks how dangerous Omicron is". www.science.org. Retrieved 30 November 2021.

*21:Network for Genomic Surveillance in South Africa (26 November 2021). "Proportion and number of clades by epiweek in South Africa, 2021" (PDF). Retrieved 2 December 2021.

*22:"Omicron becomes dominant variant in South Africa". The Guardian. 2 December 2021. Retrieved 2 December 2021.

*23:"Risk assessment for SARS-CoV-2 variant: Omicron VOC-21NOV-01 (B.1.1.529): 3 December 2021" (PDF). GOV.UK. Retrieved 4 December 2021.

*24:McCarthy K, Rachida S, Yousif M, Ndlovu N, Iwu-Jaja C, Howard W, et al. "Wastewater-based epidemiology for SARS-CoV-2 in South Africa" (PDF). National Institute for Communicable Diseases. Retrieved 30 November 2021.

*25:"COVID-19: Toddlers make up 10% of hospital cases in South Africa's Omicron epicentre". gulfnews.com.

*26:"Study: Omicron could be more transmissible due to sharing genetic material with common cold". news.yahoo.com. Retrieved 4 December 2021.

*27:"Omicron may have acquired a mutation from common cold virus, say researchers". WION. Retrieved 4 December 2021.

*28:Venkatakrishnan, AJ; Soundararajan, Venky (2 December 2021). "Omicron variant of SARS-CoV-2 harbors a unique insertion mutation of putative viral or human genomic origin" (PDF). OSF Preprints. Retrieved 5 December 2021.

*29:"SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England" (PDF).

*30:"Omicron Spread in South Africa". p. 6.

*31:Mandavilli, Apoorva (4 December 2021). "Omicron Variant Spreading Twice as Quickly as Delta in South Africa". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 4 December 2021.

*32:"Status på omikron-varianten (B.1.1.529) pr. 06.12.21" [Status of the omikron variant (B.1.1.529) as of 06.12.21]. www.ssi.dk (in Danish). Statens Serum Institut. 6 December 2021. Retrieved 6 December 2021.

*33:"COVID-19 Data Explorer". Our World in Data. Retrieved 5 December 2021.

*34:"SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England" (PDF).

*35:"Threat Assessment Brief: Implications of the further emergence and spread of the SARS CoV 2 B.1.1.529 variant of concern (Omicron) for the EU/EEA first update". European Centre for Disease Prevention and Control. 2 December 2021. Retrieved 5 December 2021.

*36:"Denmark's Omicron cases triple in 48 hours". The National. 6 December 2021. Retrieved 6 December 2021.

*37:"Status på omikron-varianten (B.1.1.529) pr. 06.12.21" [Status of the omikron variant (B.1.1.529) as of 06.12.21]. www.ssi.dk (in Danish). Statens Serum Institut. 6 December 2021. Retrieved 6 December 2021.

*38:"Threat Assessment Brief: Implications of the further emergence and spread of the SARS CoV 2 B.1.1.529 variant of concern (Omicron) for the EU/EEA first update". European Centre for Disease Prevention and Control. 2 December 2021. Retrieved 5 December 2021.

*39:Berger, Miriam (28 November 2021). "South Africa, which found the omicron variant first, leads Africa in coronavirus sequencing". Washington Post. Retrieved 2 December 2021.

*40:"Sequencing by country". GISAID. 2 December 2021. Retrieved 2 December 2021.